~ものづくり職人たちの町を訪ねて・東京都編~

日本にある工場のうち99%以上が従業員300人に満たない中小工場です。
1960年には沢山の町工場が建ち、自動車やテレビなどの大量生産品の部品を作り日本の産業を支えていました。

しかし現在、後継者の不足・海外からの部品の輸入・コロナ渦により町工場の減少が続いています。
この問題は、最近ですと昨年秋に「ガイアの夜明け」でも取り上げられていました。

そんな現状に負けず、今も熱いハートでものづくりを続ける町工場について皆様にも是非この熱量を知ってもらいたく、纏めてみました。

今回は東京に絞って大田区・足立区・江東区・荒川区・墨田区をご紹介いたします!

各区の工業の歴史

  • ~大田区編~めっきや鋳鍛造などの工場が移転しているエリア。そして緑が多い公園もある区民の憩いの場。
    大田区の町工場についてご紹介いたします!

  • ~足立区編~皮製品の印象がありますが、金属製品・印刷関連も多く、家の中のものは何でも作れる?!
    足立区の町工場についてご紹介いたします!

  • ~江東区編~一番の特徴は繊維業が多いこと。「江東ブランド」は国外でも高評価を得ています。
    江東区の町工場についてご紹介いたします!

お電話での無料相談はこちら
TEL.0120-536-125

メールでのお問い合わせはこちらinfo@toyo-trading.com

  • WEB無料査定
  • FAX査定
  • LINEでも簡単査定可能!スマホで簡単手軽に!まずはお友達追加はこちら→